【カンタン解説】任意売却と自己破産は何が違う?

茨城県水戸市の不動産スミカでは、任意売却についてのご提案も行っております。任意売却といえば、自己破産が伴うというイメージですが、具体的に各手続きにはどのような違いがあるのでしょうか。また自己破産をしない任意売却も存在するのでしょうか。このような疑問についてお答えしていきます。

全くの別物!?任意売却と自己破産の手続きの違い

任意売却とは、不動産の売却方法の一種です。任意で家を売るという意味があります。住宅ローンを組む場合、一般的には抵当権が付きます。抵当権とは、借りた人がローンを返済できない場合に、家や土地を担保とする権利のことです。
債務者が何らかの原因で返済が困難な場合、不動産会社の仲介のもと、貸主の同意の上で売却することが可能となります。これを「任意売却」といいます。

【カンタン解説】任意売却とは?資金を守る選択肢

自己破産とは、弁護士を通して返済不可能の意思を裁判所に申し立てることです。裁判所から支払いが不可能であると認められれば、税金等を除く全ての負債が免責になります。


任意売却では借主(所有者)と貸主(金融機関)と不動産会社で調整するのに対し、自己破産は弁護士が介入し、裁判所への手続きが発生します。

任意売却後は自己破産が当たり前!?誤解されがちな真実

一般的に任意売却のイメージは、自己破産がセットになることが多いです。これは任意売却後でも残債が残ってしまうことから、弁護士等に自己破産を提案されるためです。

借入金額や売却価格にも左右されますが、必ずしも任意売却後に自己破産をしなければいけないというわけではありません。しかし、返済能力がないために任意売却をするのですから、売却価格が借入金額を下回った場合には自己破産も視野に入れる必要性が出てきます。

下記のようなケースで自己破産をせずに済んだお客様もいます。

(例)

  • 土地や家を複数所有していて、任意売却で補填する
  • 売却価格が借入金額と同じくらいになる
  • 任意売却によって残債が大幅に減少、少額返済が可能になる

任意売却と自己破産におけるメリットのある方法とは…

ひとえに「メリット」と言っても、何を重要視しているかによります。例えば、信用情報機関への掲載を何としてでも阻止したいのか、とにかく今の家を守りたいのか、新しい生活をスタートさせてやり直したいのか…カタチは様々です。

ここでは任意売却後に自己破産をするケースからメリットを紹介していきます。

□ポイント

  1. 借入金額が大きい場合(住宅ローンがまだまだ残っている場合)は、家を手放さなければいけない現実を受け止めること
  2. 自己破産による信用情報機関への掲載によって起こるペナルティが、どのように自分に影響するか考えること

まず、大きな残債を減らすorなくすためには、1番の財産である「家」を手放さなければ始まりません。この事実を受け入れることが重要です。
返済が滞り、裁判所から通告が来てしまう人の多くは、このような事実を受け入れられないことが多くあります。現実逃避や現状の放置などで、自身の置かれている状況に危機感を持つことが大切です。

そして、任意売却後の「自己破産」についても現実的に考える必要があります。自己破産せずに無理をして少額返済に切り替えたとしても、同じように返済が滞っては意味がありません。まずは自己破産によって起こるペナルティを理解し、例えば近々で家や車などのローンを組む予定があるかどうかなど、有利不利を考えてみましょう。


私たちスミカでは、お客様第一をモットーに、メリットをご提案致します。

任意売却と自己破産に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!