【カンタン解説】任意売却とは?資金を守る選択肢

任意売却の仕組み

任意売却とは、住宅ローンの返済ができなくなった自宅を不動産業者を通して一般市場で売却する手続きのことです。

一般的に自宅を売却する場合、抵当権が設定されていたら債権者に住宅ローンを全額返済して抵当権を解除してもらわなければなりません。しかし、自宅の売却(自己資金で補えない場合)で全額返済ができない場合でも、抵当権を解除してもらい、売却することを任意売却といいます。

 

抵当権とは…
住宅ローンなどで借入した際、万が一、返済できない場合に土地や建物を担保とする権利のこと。

 

住宅ローンを滞納したり延滞すると、ローンを分割で返済する権利が失われます。そして、お金を貸している金融機関は残債を一括で返済するように要求してきます。住宅ローンを一括で返済できない場合は、担保となっている自宅を強制的に売却し、その売却代金から残債を回収するのです。

この時の売却方法が「競売」です。競売は、住宅ローンの一括返済が不可能な所有者の同意なしで行うことができ、裁判所は所有者を代行し、物件の購入者をオークションで決定します。

任意売却のメリット・デメリット

自宅を手放すという意味では、任意売却も競売も変わらないように見えますが、実際は任意売却の方が圧倒的に有利なのです。

金額面だけではなく、自宅の情報が競売サイトに記載されないため、個人情報を守ることもできます。

任意売却のメリット

  1. 相場に近い価格で売却できる
  2. 残債は分割返済ができる
  3. 今の家に住み続けることができる可能性もある
  4. 引越し時期の融通がききやすい
  5. 自分の意志で売却できる
  6. 近所の人に知られずに済む

 

任意売却のデメリット

  1. 連帯保証人などの同意が必要
  2. 売買価格と債権者の求める金額に差が生じる可能性がある
  3. 信用情報機関に掲載される可能性がある

 

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の大きな違いは「交渉」ができるか否かです。競売ではオークションに売りに出されてしまい、その全てに従わなくてはいけませんが、任意売却は交渉次第で有利に事を進めることも出来ます。

 

任意売却の場合

  • 売却価格:市場価格に近い価格で売却できる場合が多い
  • 残債:少なくなる可能性が高い
  • 返済方法:分割返済が可能
  • 個人情報:通常の売却と同様なので、個人情報は保護される
  • 自宅に住み続ける:親族間売買や投資家などに購入してもらうなどで住み続けられるケースもある
  • 引越し:交渉次第で引越し費用を受け取ることや、引越し日の調整も可能

競売の場合

  • 売却価格:市場価格の6〜7割前後の場合が多い
  • 残債:少なくなる可能性が低い
  • 返済方法:一括返済
  • 個人情報:競売情報が新聞やインターネットに記載されてしまう
  • 自宅に住み続ける:不可
  • 引越し:立退料がない、引越し日を自由に決められない

任意売却にかかる費用

  1. 電話相談、自宅面談、自宅査定などは無料です!
  2. 任意売却成立→仲介手数料・債権者への返済充当分など

任意売却が成立するまでは、一切の費用は発生しません。売却後に債権者から同意を得たうえで諸経費を算出致します。この中には引越し費用や新生活への準備金なども含まれます。

任意売却に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!