【放置NG】山林を処分・放棄したい人にオススメしたい3選

山林の相続・所有には、2つの支払いが発生します。1つは相続税、もう1つは固定資産税です。
使い道のない山林のためにお金を支払い続けるのは嫌ですよね。

今回はそのような山林の手放し方を紹介していきます。「放置」だけは絶対にしないでください。

山林を相続放棄する

知らない人も多いかもしれませんが、実は、山林の所有権は放棄することができません。そのため、放棄したい場合は、相続の段階で「相続放棄」をするしかないのです。

しかし、山林の相続を放棄することで発生するデメリットがいくつかあります。

1.山林のみ相続を放棄することができない

残念ながら、山林だけを相続放棄することはできません。そのため、他の財産もすべて放棄せざるを得なくなります。山林以外に価値のあるものがない場合は問題ないと思いますが、そうでない場合(後々価値あるのもが発見されそうな場合等)は注意が必要です。

2.各控除が適用されない

本来は控除されるものも、相続放棄をすると課税されてしまいます。例えば、生命保険金は相続放棄をしても受け取ることは可能ですが、課税対象になるため、相続税が大きくかかってしまいます(放棄しない場合は非課税)。

山林を自治体に寄付する

山林にある程度の価値がある(使い道がある)場合は、自治体で寄附を受け付けてくれます。しかし、調査の結果、価値が低いと判断されてしまった場合は、寄附を受け付けてもらえません。

まずは相談してみましょう。

山林を無料で引き取ってもらう&買い取ってもらう

山林を売買している業者であれば、査定後、有償無償あるいは買取という形で引き取ってもらうことが可能です。

自治体よりも山林の査定や価値を見出すことを得意としているため、手放せる可能性が一番高いと言えます。

まずは、お住まいの市区町村などで山林を買い取っている業者に無料相談・無料査定をしてみましょう。

関東で山林を手放したい方は「スミカ」にご相談ください!

弊社「スミカ」では、関東を中心に不要な山林を積極的に買い取っています。

「査定だけしてもらいたい」
「話だけ聞きたい」
「売れるかどうか知りたい」

どんな些細な内容でもOKです!お気軽にお電話・お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください029-284-1819受付時間 9:00-18:00 [ 定休日/水曜 ]

メールでのお問い合わせはコチラ お気軽にお問い合わせください

シェアお願いします!