無料査定・無料相談

相続した空き家の年間コストはいくら?計算方法と項目を紹介

空き家を相続した場合、活用に悩み、そのまま放置してしまうケースが多いです。

物件の売買には労力がかかるため、億劫になってしまう気持ちも非常に分かります。しかし、最低限の費用で空き家を維持したとしても、年間にすると数十万円かかってしまいます。

今回は、空き家の年間コストについて解説していきます。空き家を保有している方は今一度ご自身のコストを見直していただいて、これを機に空き家を活用してください。

この記事のポイント
  • 少なくとも空き家の年間コストは20万円かかる
  • その他の費用も場合によってかかる
  • コストよりも怖い「リアル問題」
  • 空き家維持より空き家活用がおすすめ

空き家の年間コストは20万円

結論、空き家を維持するための年間コストは約20万円です。

建物や土地の固定資産税、面積などによっても異なりますが、空き家の場所や規模によっても更に費用がかかる可能性もあります。

また、誰も住まない状態だと建物の劣化も早まり、不動産の価値も下がります。コストを低く抑えたとしても実際は損をしていることにもなりうるのです。

空き家を売る、誰かに貸す、リノベーションする…などの対策をして、空き家活用をおすすめします。

維持費の内訳・計算方法

この章では空き家の年間コスト「20万円」の内訳と計算方法について解説していきます。税率等は各自治体によって異なるため、あくまで参考程度にご覧ください。

また、今回の年間コストには含めていませんが、「場合によって必要になるコスト」も掲載しておきます。ご自身の状況に合わせて算出してください。

固定資産税と都市計画税においては優遇措置を適応させて計算していきます。

土地の評価額 1,000万円・建物の評価額 500万円・土地の面積 200㎡以下とした場合(小規模住宅用地の特例が適用)

評価額とは、「固定資産税評価額」ともいい、固定資産税・都市計画税、不動産取得税や相続税などを計算をするときの元になる。土地や建物について、国が定めた固定資産評価基準に基づいて知事または市町村長が決定し、評価額は固定資産課税台帳に登録される。
評価額は原則として3年ごとに見直され評価替えが行われる。

https://suumo.jp/yougo/h/hyoukagaku/

維持費の内訳

  • 土地・建物の固定資産税
  • 土地・建物の都市計画税
  • 光熱費
  • 火災保険料
  • 固定資産税・都市計画税に対する軽減措置(減税)

計算方法 / 年間

土地 固定資産税1,000万円×1.4%14万円
上記 軽減措置14万円×1/62.3万円
土地 都市計画税1,000万円×0.3%3万円
上記 軽減措置3万円×1/31万円
建物 固定資産税500万円×1.4%7万円
建物 都市計画税500万円×0.3%1.5万円
光熱費水道 1,170円×12ヶ月
電気 1,100円×12ヶ月
1.4万円
1.3万円
火災保険料地震保険なし5万円
19.5万円
約20万円

他サイトでは、今回算出したコストよりも高く見積もっている記事が多いですが、当記事では最低限の金額で計算しています。

光熱費においては、定期的にご自身で点検・管理する際に必要であるため、契約するものとして加味しています。

また、場合によっては下記のような費用もかかってくる可能性があるので、予め注意しておく必要があります。

場合によって必要になるコスト

  • 草刈りの費用(業者に依頼する場合のみ)
  • 管理委託(空き家の管理や見回りサービス)
  • 交通費(空き家への訪問)
  • 修繕費(台風や自然劣化など・自治体からの警告も含む)

コスト以外の問題

空き家を保有する上で問題になってくるのは、コストだけではありません。誰も住んでいないことで起きうるリスクも考えておきましょう。

例えば、下記のような問題があります。

空き家を所有し続けるデメリット

  1. ゴミ・害虫・害獣の発生
  2. 不法侵入・たむろ・犯罪への利用
  3. 台風や火事などによる他者への危害
  4. 固定資産税の軽減措置が受けられない

1〜3においては、空き家だからこそ起こりうる問題です。人が住んでいない、管理されることがないため、建物に悪い影響をもたらします。

そして、4つ目は2015年に施行された「空き家等対策の推進に関する特別措置法」に関する問題です。

この法律によって、管理されていない空き家(1〜3の問題が起こりうるような建物)は、自治体から修繕や解体などの勧告・命令を受けることになります。

自治体からの命令に従わない場合は、ペナルティを受けることとなり、固定資産税の軽減措置が適用されなくなります。

維持費を考えると空き家は活用したほうが良い

少なく見積もったとしても、空き家の維持費は年間で約20万円かかります。

空き家だから仕方ない

ボロボロだから売れない

田舎だから誰も買ってくれない

まだ手放すのは早い…

上記のようにお悩みの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

スミカなら…
  • 現状のまま買います!ゴミ・草そのままでOK!
  • まだ売りたくない場合は、借り上げます!
  • スピード現金化できます!
  • 査定だけ・提案だけ聞くのもアリ!