任意売却の前に離婚はNG!正しい手順について

離婚と任意売却が同時に進行するケースは少なくありません。離婚が起因で住宅を手放す、または金銭トラブルで住宅ローンを返済できず、離婚に発展する…など様々です。

今回は任意売却と離婚について、どちらを先に進めるべきか解説していきます。目を背けたくなる問題ですが、1つずつ進んでいきましょう。

任意売却と離婚問題

住宅購入時には想定しなかった問題の中には「住宅ローンの滞納」以外にも多々あります。その中の1つに「離婚」があります。

住宅を共同名義で購入したり、夫婦で債務者と連帯保証人になるケースもあり、離婚に発展した場合に様々なトラブルが起こりえます。

そのため、任意売却と離婚を同時に進めていく場合、順序を考慮する必要があります。財産分与や残債の支払い義務などを明確にしてから、離婚を進めていくことが最善と言えるでしょう。

住宅ローンをクリアにしてから離婚について話し合うべき

任意売却だけでなく、離婚についての話し合いを進める場合、状況はいろいろと考えられます。しかし、一番多いトラブルは、家を出ていった側と連絡が取れなくなるというケースです。離婚に伴い支払状況が低下することで、滞納が続き、結果的には競売にかけられてしまうということも少なくありません。

離婚→住宅ローンの滞納→元夫・元妻とも破産

上記の流れにならないためにも、住宅を残すかどうか、支払いをどのように負担するかどうか、任意売却をするかどうか…このあたりを考えてから、離婚へと進む方が良いでしょう。

離婚による金銭的問題は任意売却で解決

離婚後はそれぞれ新しい生活を送るため、通常の夫婦よりも出費が多くなります。また、養育費等の費用も考えると、離婚による金銭的問題は避けることができません。

任意売却では、債権者との話し合いのもと、返済額を無理のない程度に抑えることができます。多くの出費がかかる中、住宅ローンの返済額を抑えられる点は非常に重要であるといえます。

離婚をふまえた任意売却である場合、まずはお互いの返済能力を明確にし、任意売却の手続きに進むことをおすすめします。その後、互いが新しいスタートを切れるように、離婚の話し合いをしましょう。

任意売却と自己破産に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!