無料査定・無料相談

山、買います!

相続した山・放置している山・手放したい山…お売りください!

コンセプト:審査落ちや借入があってもマイホームが持てる

山林に関する記事

こんな「山林」所有していませんか?

相続された(した)山林や全く使っていない山林、どう管理すればいいか分からずに放置している山林など…所有していませんか?

次の世代に残す「負の遺産」になる前に、弊社スミカにご相談ください。

放置はキケン!山林問題

九州地方の面積を超える「所有者不明の土地」

所有者不明土地問題研究会の発表によれば、行方不明の土地は九州の面積を超えると言われています。そして、その半分は「山林」です。

山林は土地よりも管理が難しく、正確な場所や面積、範囲を知らない人が増加しています。

相続した山を放置してはいけない理由

「山林を相続したけど、負担が大きいから放置しておこう!」は絶対NGです。

森林の相続手続きを放置すると、必要な書類が揃わないため売却ができなくなります。また、相続後に山林を放置しても、固定資産税は発生します。次の世代に相続した際、未納分を背負わせてしまう可能性もでしょう。

山林所有 6つのデメリット

山林所有にはメリットもありますが、下記のようなデメリットを忘れてはいけません。

  1. 不動産としての価値が低い
  2. 林業は短期的な収益化に不向きである
  3. 維持管理が必要
  4. 自然災害の危険性
  5. 不法投棄が多い
  6. 建築や電気水道の整備に制約がある

山林処分・放棄 おすすめ3選

1.山林を相続放棄する

知らない人も多いかもしれませんが、実は、山林の所有権は放棄することができません。そのため、放棄したい場合は、相続の段階で「相続放棄」をするしかないのです。

しかし、山林の相続を放棄することで発生するデメリットがいくつかあります。

山林のみ相続を放棄することができない

残念ながら、山林だけを相続放棄することはできません。そのため、他の財産もすべて放棄せざるを得なくなります。山林以外に価値のあるものがない場合は問題ないと思いますが、そうでない場合(後々価値あるのもが発見されそうな場合等)は注意が必要です。

各控除が適用されない

本来は控除されるものも、相続放棄をすると課税されてしまいます。例えば、生命保険金は相続放棄をしても受け取ることは可能ですが、課税対象になるため、相続税が大きくかかってしまいます(放棄しない場合は非課税)。

2.山林を自治体に寄付する

山林にある程度の価値がある(使い道がある)場合は、自治体で寄附を受け付けてくれます。しかし、調査の結果、価値が低いと判断されてしまった場合は、寄附を受け付けてもらえません。

まずは相談してみましょう。

3.山林を無料で引き取ってもらう&買い取ってもらう

山林を売買している業者であれば、査定後、有償無償あるいは買取という形で引き取ってもらうことが可能です。

自治体よりも山林の査定や価値を見出すことを得意としているため、手放せる可能性が一番高いと言えます。

お住まいの市区町村などで山林を買い取っている業者に無料相談・無料査定をしてみましょう。

まずは無料相談

山が売れない理由

活用しにくい

山林の立地条件や活用方法を考えると、山林の需要は宅地ほどありません。 事業者か金銭的に余裕のある一般の方が購入する場合が多く、売れるのを待つのは得策ではありません。

価値が変動しやすい

山林の樹木によって、価格が変動することもあります。 需要の高い樹木であれば良いのですが、そうでない場合は山林の価値にも影響してきます。また価値のある樹木にするためには維持費もかかるので、あまりオススメしません。

山林を買いたい人もいる

弊社のような買取業者以外でも、昨今のキャンプブームにあやかってキャンプ場を作りたい・自分の山を持ってみたいと考えている人もいます。 また、都会に住んでいる人が田舎暮しをするために山を購入して利用するというケースもあります。

山を売るならスミカにおまかせ!

手軽に査定

所有する山の住所(地番)を教えていただければ、おおよその査定額をお伝えすることができます。面倒な書類の準備は不要です。

やり取りが早い

『どこよりも早い対応』をモットーに、いつでもご相談&ご質問を受け付けております。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。担当者が全力でサポートいたします。

即売却できる

弊社は地域密着型の不動産会社です。独自のネットワークにより、山林を速やかに売却することができます。そのため、どんなに価値が低い山林でも、お客様にご納得いただけるような買取価格を提示することができます。

まずは無料相談

よくあるご質問

山林売却に必要な資料はありますか?
所有している山林の住所(地番)を把握しているようでしたら、特に必要な書類はございません。住所を把握していない場合は、固定資産税通知書コピーもしくはご自身で住所をお調べいただいて口頭でお伝え下さい。
山林売却の査定調査費用など、事前に必要な費用はかかりますか?
基本的にはかかりませんが、お客様のご要望で境界線の策定や隣地所有者との調整などが必要である場合はご相談させていただきます。
山林売却の流れが知りたい
山林売却を依頼された場合の手順は、以下のようになります。
1.山林の住所(地番)を把握・確認していただく
2.査定のご依頼
3.弊社独自の基準で売却価格を査定
4.お客様と山林の譲渡契約を終結、売却代金を決済
山林の価格はどのような基準で算出されるのですか?
お客様が所有している山林の状況にもよりますが、弊社が持つ山林のデータや過去の実績をもとに算出しております。
所有している山林が飛び地になっていますが、売却可能でしょうか?
はい、問題ございません。ただし、まとまっている土地の方が査定金額は上がる場合が多いです。
共有名義でも売却はできますか?
共有社全員の同意を得ていただければ問題ございません。

茨城県・関東を中心に山林買取中

スミカでは茨城県を中心に、不要な山林を積極的に買い取りしています!

水戸市/日立市/土浦市/古河市/石岡市/結城市/龍ケ崎市/下妻市/常総市/常陸太田市/高萩市/北茨城市/笠間市/取手市/牛久市/つくば市/ひたちなか市/鹿嶋市/潮来市/守谷市/常陸大宮市/那珂市/筑西市/坂東市/稲敷市/かすみがうら市/桜川市/神栖市/行方市/鉾田市/つくばみらい市/小美玉市/茨城町/大洗町/城里町/東海村/大子町/美浦村/阿見町/河内町/八千代町/五霞町/境町/利根町/栃木県/群馬県/千葉県/埼玉県/神奈川県/福島県/東京都

お問い合わせ

ご相談・ご依頼
無料査定はこちら

ご相談 / 無料査定のご依頼 / ご質問 など

お気軽にお問い合わせください

営業時間
9:00~18:00 / 定休日:毎週水曜日
お問い合わせは21時まで受け付けております