任意売却は誰に依頼すればいい?失敗しない業者の選び方

任意売却は、大切な持ち家を売却する点その売却に将来を委ねる点から、非常に繊細な取引の1つであると考えられます。しかし、不安な当事者を逆手にとった悪徳業者も多く存在しており、任意売却でトラブルが起こることもあります。また、競売がスタートすれば、業者から多くのDMや営業のアプローチがあるでしょう。そのため、業者選びで悩んでしまう人も多いです。

今回は、不動産会社である私たち目線で、最適な業者を見つける方法についてご紹介していきます。茨城県水戸市の不動産スミカでは、任意売却のサポートも行っております。お気軽にご相談ください。

相談する前に注意!悪い業者の5つの特徴

専門的な知識を要する取引やサービスでは、利用者を騙す業者は少なくありません。不動産においてもトラブルが多いように、任意売却でも同様に様々なトラブルが発生しています。

私たちの元へ相談に来られるお客様の中にも、騙されそうになっていたケースも多々あります。また、私たちが気づかなければ…お客様がご相談に来られなければ…そのまま騙されてしまっていたと言っても過言ではありません。

本来、任意売却では専門的な法律の知識などが必要になるため、任意売却専門の業者や実績のある不動産会社が進めていきます。しかし、選択肢が限られているお客様の心理を逆手にとって、無知な業者や悪徳業者がお金儲けのために参入しているのも事実です。

任意売却は、お客様の大切な持ち家を売却する、あるいはお客様の将来を良くするための手段の1つです。そのため、非常に繊細な取引であるため、本意でない方向へ取引を進められてしまわないように業者選びについてしっかり考えていく必要があります。

1.任意売却の知識・実績がない業者

任意売却は通常の不動産取引とは異なり、特別措置法や弁護士法、民事執行法などの法律の知識が必要になります。そのため、不動産会社として知名度が高くても、任意売却の実績などがなければ、避けたほうが良いです。

任意売却の知識や経験がない、他の専門家との連携が取れていないなどの場合、「物件が高すぎて売れない」「気づいたら競売で落札されてしまった」「不利な契約・売却価格になってしまった」などのトラブルが発生する可能性があります。


ポイント:任意売却を取り扱っている不動産会社かどうか、実績はあるかどうか、相談した時の対応内容に注意!

2.コンサルティング料の要求

任意売却業者が報酬として受け取れる費用は、仲介手数料のみです。不動産取引の1種であるため、金額の算出方法も同じです。そのため、どの業者に依頼しても、契約内容や売却価格が同じであれば、支払額も同じになります。

任意売却の申請費用やコンサルティング費用として仲介手数料以外で料金を請求することは、宅地建物取引業法違反となります。任意売却の相談段階でこのようにコンサルティング費用などの話が出た場合は悪徳業者の可能性が高いです。


ポイント:仲介手数料以外の費用が発生する場合は注意!

3.売却物件の放置

実績のない業者では、任意売却の物件を適切な価格で販売することができません。また、売却できない物件をそのまま放置して、新規の顧客を優先したりします。これらは、任意売却の特性でもある「売却できる可能性」を利用した業者都合の手口でもあります。

例えば、任意売却では必ずしも希望した金額で売れるとは限りません。さらに、場合によっては、デメリットは減るもののメリットのない結末を迎えることもありえます。相談の段階である程度は見通せますが、このことは実績のある専門業者においても同じことが言えます。

しかし、トラブルの多い業者では、自分たちの都合を優先します。「物件が売れないのは仕方がない」「希望価格で売れば手数料が多く入る」「売れない物件よりも新規優先」などの傲慢なやり方で、物件所有者の未来を壊しかねないのです。


ポイント:最善を尽くしてくれるかどうか、地域密着型で親身になってくれる業者を見つけよう!

4.引越し費用の保証

債権者との交渉次第では、債務者は引越し費用を得ることができます。これは、任意売却のメリットでもあります。金額については、30万円が上限となっており、金融機関によって異なります。

この金額はあくまでも、債権者と交渉しなければ決まることのない額です。そのため、業者側が一方的に引越し費用を保証したり、上限以上の金額を提示することはできません。このような業者には、「契約を早く終わらせたい」「高額な引越し費用を提示する代わりに利用者に不利な契約を持ちかけたい」などの裏があります。


ポイント:引越し費用を保証する業者に注意!

5.残債務についての不十分な説明

任意売却の誤った知識の中には、「任意売却後は債務がなくなる」というものがあります。しかし、売却価格を差し引いて残った債務については、支払い続ける必要があります。任意売却は住宅ローンの残債を相殺する制度ではなく、あくまでの売却価格を住宅ローンに当てるだけでしかありません。

ですが、業者の中には契約を早々と締結させるために残債務の説明をしなかったり、残債務の請求はないと言い切る者もいます。この間違った事実を信じてしまうと、任意売却で好転するどころか、事態が悪化する可能性もあります。


ポイント:売却後の残債務について説明が不十分な業者には注意!

任意売却の業者を探す最適な方法

まず、いきなり1社に依頼するのは危険です。債務者にとって有利な交渉の答えは、1つではないからです。あらゆる角度からメリット・デメリットを考えなければいけないため、「比較」する必要があります。

広告をたくさん出している大手や地元に根付いた業者、口コミや利用者が多い業者…など、多くの業者に相談してみましょう。電話や訪問時の対応、今後の見通しなどの具体的な説明から判断することが望ましいです。

▼複数の業者を比較する際に気をつけたいこと

  • ヒアリング力
  • 担当者の対応・姿勢
  • 具体的なスケジュール
  • 悪い話をしっかり話してくれるかどうか

業者選びは相性もあります。焦って適当に決めず、また甘い言葉に惑わされず、時間をかけて決めましょう。競売が決まったとしても、任意売却に応じるが業者の選定に時間がかかっている旨を伝え、必ず納得のいくサポーターを見つけることが大切です。

任意売却を勧めてくる業者

住宅ローンが支払えず、自宅が競売にかけられてしまうと、その情報がいっきに全国へ広がります。競売物件情報サイトには、入札に関する情報から住所までが記載されてしまうのです。

 

▼関連記事

競売にかけられた時の個人情報はどこまで公開されている!?名前・電話番号・住所

 

多くの業者は「任意売却」を勧めるために、あの手この手で営業をしてきます。住所が記載されているため、営業マンが家に来るかもしれませんし、ダイレクトメールが送られてくることもあるでしょう。

営業をかけてくる業者が全て悪い業者というわけではありませんが、家を失うことやローンのことで頭がいっぱいの中、多くの甘い言葉に翻弄されてしまうのも事実です。

例えば、「おおよそ50万円〜80万円くらいまでは引越し代を確保できます!」「成功事例では100万円〜150万円は手元に残せます!」など…いろいろな謳い文句で債務者へアプローチしてきます。

任意売却の業者を選ぶポイントは「サポート力」

ご自身でゼロから業者を探す他に、例えば「債権者からの紹介」「弁護士の紹介」「DMを送ってくる大手仲介業者」なども選択肢にありますが、良い選択をするためには、ご自身で選択したほうがいいでしょう。

特に債権者からの紹介だと、手続きの流れを把握していて、迅速に対応してくれるというメリットはありますが、債権者側の立場なので融通が利かないということも多いです。

債務者からすれば、嫌な取引(早く終わってほしい取引)ではあるため、迅速に対応してくれる業者がよく見えます。しかし、大切なのは債務者側の立場になって有利な交渉をしてくれる業者であることなのです。早く終わることではなく、有利な再スタートを準備することが重要なのです。

再スタートをきるための準備が手伝ってくれるサポーターこそ、業者選びで大切なポイントと言えるでしょう。

簡単に「引越し代が出る」「○○万円は確保できる」「立退き料がもらえる」などと言ってくる業者は信用せず、最後まであなたの代わりに買主と交渉し、少しでも債務者に負担がかからないようにサポートしてくれる業者を見つけましょう。

任意売却専門業者が良い?不動産会社が良い?結論「強みは様々です」

任意売却について相談したい時に悩むことが「どこに相談すればいいのだろう?」ということです。

住宅ローンの残債や請求などで頭が回らない中、その相談相手を探すことも一苦労します。大切な持ち家をどうしてゆくか親身になってくれる人や、最善を尽くしてくれる会社を求めるのは当然のことです。

しかし、実際に検索サイトで調べてみると、多くの情報に悩まされてしまいます。「一般の不動産会社は良くない」「任意売却専門業者は安心」「不動産会社の方が売却のプロである」…など。もう訳がわからなくなりますよね。

私たちは茨城県水戸市で主に不動産売買仲介・任意売却を行っています。そんな私たちの業者選びの見解は「強みは様々」ということ。次に「信頼関係」が重要であると考えています。詳しい内容は次の項目で話していきます。

悩むより、まず相談を!カタチは違えど全てあなたの味方です。

非常に当たり前のことですが、専門業者が全てではないですし、一般の不動産会社でも任意売却に強い会社は多く存在します。重要なのは、そこに優劣をつけることではなく、あなたにとって最善の道を作り出してくれるかどうかです。

口コミで評判が悪いというケースを除き、任意売却を謳っている業者(専門業者・不動産会社)は、あなた自身が実際に相談してみないと良し悪しは分かりません。時間があるのであれば、何社か相談してみることをおすすめします。スマートフォンやパソコンの前で悩むよりも、まずは無料相談にステップアップしていきましょう。

前項で話した「強みは様々」についてですが、任意売却は単なる取引の1種です。交渉に強いか、物件売却に強いか…それは専門業者や不動産会社の枠を超えた【組織としての能力】に尽きるのです。そのため、一概に任意売却の専門業者が良い、不動産会社が良いなどとは言えないのです。ここに偏見をもたせようとする会社は、利己的かもしれません。

いずれにしても、そのようなカタチの会社であっても、あなたの味方であることは変わりありません。まずは勇気を出して相談してみましょう。

任意売却は信頼関係が大切「地域密着型」がおすすめ!

任意売却の相談は無料で引き受けてくれる業者が多いです。しかし、気軽に相談できる分、相談者への対応が雑な業者も存在します。これは何度か相談すれば、分かってくることです。下記は雑な対応の一部です。

  • 電話連絡が取りにくい
  • なかなか会えない
  • 一般的な回答しかしない
  • 契約を急かす
  • 親切でない、親身になっていない
  • 担当者がコロコロ代わる

私たちスミカは「初めての相談」を非常に重要視しています。茨城県水戸市の不動産会社であり、任意売却に非常に力を入れております!茨城県でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

  • オンラインのやり取りではなく、しっかりと顔を合わせて話ができる業者
  • 地域密着型で、その地域の土地に詳しい業者
  • 任意売却の実績があり、任意売却に力を入れている業者

住宅ローンの残債に悩み、返済が滞ってしまった時、人間は行動を起こさなくなります。不安になったり、怖くなったり、どうしていいのか分からないのです。この負の連鎖から抜け出すための最初の一歩である「初めての相談」は、相談者にとって非常に勇気のいる行動であり、私たちはそれを一番に尊重しなければいけないのです。

そのため、スミカでは相談しやすい深夜帯を考慮し、24時間体制で問い合わせ対応を行っています。無料で物件の査定を行い、専属の担当者を設けています。これらはすべて信頼関係を築くためのサポートであり、相談者の大切な物件を扱うためには必要な構築だと思っています。

任意売却と自己破産に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!