住宅ローンの支払いが困難な場合の対処方法

住宅購入後、想定していた支払いがシミュレーション通りにいかないことがあります。収入の低下や出費が増加など原因は様々ですが、支払いが滞ってしまうと、最終的には自宅が競売にかけられてしまう…ということもありえます。

今回は、住宅ローンの支払いが難しくなってきた方向けの最初の一歩についてアドバイスしていきます。

結論:まずは金融機関に相談、次に任意売却の専門家に相談!

住宅ローンの支払いが困難になると、どうにか支払うために借金や私物の売却に目が行きがちです。しかし、それらは根本的な解決策ではなく、一時しのぎにしか過ぎません。収入を増やすか、出費を減らすか、毎月の支払額を下げるかです。

収入や出費の調整には限界があるため、現実的な解決策としては『金融機関に相談する(毎月の支払額を下げる)』という方法でしょう。

債権者である金融機関側も、支払いが滞ってしまう…つまり貸したお金が回収できないという状況を避けるために解決策を考えてくれるのです。

具体的には、収入の低下や出費の原因などの理由により返済期間の延長が可能です。もちろん、金融機関が正当な理由であると判断しない限り、返済期間の延長はできませんのでご注意ください。

返済期間が延長されても支払いが難しい、または正当な理由と判断されずに返済期間の延長ができなかった場合は、任意売却を視野に入れ、専門の業者に相談しましょう。

苦渋の選択ではありますが、早めに任意売却を選択すれば、自宅が競売にかけられてしまうこともありません。

支払いが難しい時にやってはいけない行動

金融機関に相談した後も支払い困難が続くと、焦りから「解決にはならない行動」をとってしまうケースが非常に多いです。

以下は、やってはいけない行動の一例です。もしあなたが次のような行動を起こそうとしているのなら、考え直してください。

  • 消費者金融からお金を借りて、住宅ローンの返済にあてる
  • 知り合いや家族から借金をして、住宅ローンを支払う
  • 規定の支払額以下で返済する
  • 支払額は満たしているが、遅れた月分のみ支払う
  • 支払い連絡が何回か来るまで放置する

解決にはならない行動して挙げられる行動パターンは主に2通りです。

1つは別のところから借り入れをし、返済にあてるパターン。消費者金融や親族からなど借入先は様々です。しかし、これは根本的な解決策にはなりません。一時的な出費をカバーするものであったとしても、借り入れが増えるのですから、総返済額は増えてしまいます。

もう1つは程度は様々ですが、放置パターン。支払う意志はあるものの、危機感が薄いために競売の通知が来るまで放置してしまいます。正確な金額を毎月支払うことが契約時に交わされているのですから、金額でも支払月でもルールを破ってしまうと、一括返済の請求や競売の通知が届いてしまいます。

大切なのは「家」よりも「未来」です

住宅ローンの支払いが難しくなると、ほとんどの人はなんとか耐え凌ごうとするものです。しかし、それはとても当たり前のことであり、自分の大切な家を売り払うことを初期段階で視野には入れないと思います。だからこそ、本当にすべき判断を誤ってしまい、余計な遠回りをしてしまうのです。

マイホームも大切ですが、それよりももっと大切なのはあなた自身やあなたの家族ではないでしょうか。判断が遅れれば、その分、辛い時間を長く過ごさなくてはいけなくなります。

ローンの支払いが苦しいと感じた時は、まずは金融機関に相談してみてはいかがでしょうか?金融機関に相談するのが怖い・不安という方は、任意売却を扱っている弊社までお気軽にご連絡ください。「任意売却について話だけでも聞いてみたい」「もし仮に今マイホームを売却したらいくらになるか知りたい」などの内容でもOKです!

任意売却と自己破産に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!