任意売却とブラックリストの関係性について

任意売却をお考えの方からよく聞くご質問は「ブラックリストに載ってしまうんですか?」「今後はローンを組んだり、クレジットカードが作れなくなるんですか?」といったものです。

任意売却そのものには、いわゆるブラックリストに載ってしまうという危険性はありません。問題は、任意売却の前の段階である「滞納」です。こちらが原因でブラックリストに載ってしまうことは十分にありえます。

ブラックリストの正体は…

世間一般で呼ばれている「ブラックリスト」とは、実は存在しません。

顧客情報が登録されている「信用情報機関」において、滞納や破産があった時に登録される情報(事故情報)が「ブラック情報」や「ブラックリスト」と呼ばれているのです。

この事故情報によってローンやクレジットカードの契約に影響が出てきます。

信用情報機関が行っていること

信用情報機関では、個人の信用情報が登録されており、加盟会社から照会があった時に情報を提供しています。これは加盟会社(銀行やクレジットカード会社等)が適切な審査を行えるようにするためです。

銀行やクレジットカード会社は、この信用情報をもとに新規の申し込みなどの判断をします。

信用情報として登録されている項目

通常の個人信用情報は、下記のような項目が登録されています。しかし、滞納や破産などをしてしまうと、事故情報が別途記載されます。

【通常の情報】

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 契約日
  • 契約の種類
  • 極度額
  • 支払い回数
  • 利用残高
  • 月々の支払い状況 など

 

【事故情報】

  • 延滞情報
  • 代位弁済
  • 取引停止
  • 強制退会
  • 破産情報 など

事故情報は共有される!?

信用情報機関は、業態別にいくつか存在しています。機関によっても登録されている内容や加盟会社が異なりますが、事故情報に関しては共有されます。

つまり、住宅ローンの滞納があれば、その情報は機関を越えてクレジットカード会社に内容が行き渡ってしまうのです。

 

信用情報機関 加盟会社
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 金融機関(銀行、信用金庫、信用組合等)
シー・アイ・シー(CIC) 信販会社、クレジットカード会社等
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融等

 

任意売却をすると、ブラックリストに載ってしまう!?

以上のことから、任意売却とブラックリスト(事故情報)の関係性がないことが分かって頂けたかと思います。

誤り:任意売却をしたから、ブラックリストに載ってしまう。
正解:住宅ローンを滞納したから、ブラックリストに載ってしまう。

任意売却の前提条件は、ローンの滞納が3ヶ月以上というものです。少しややこしいですが、任意売却を行う前の段階で、実は既にブラックリストに載ってしまっているケースがほとんどなのです。

新しい生活を手に入れよう

ブラックリストに載ってしまっても、任意売却をしなければいけない状況は、残念ながら変わりません。大切なのは、新しい生活を少しでも早めにスタートさせることです。

事故情報の登録も完済から5年〜10年と、早めに行動すれば、また新たに住宅ローンを組むこともできます。

まずは任意売却について前向きに考えていただくことが大事です。

競売に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!