無料査定・無料相談

住宅ローンの負担が増える!?日本銀行の金融政策に修正

2022年12月20日、日本銀行は金融政策決定会合で長期金利の上限引き上げを決定しました。

これにより、一般家庭や企業に大きな影響が出そうです。

もくじ
お好きな項目へ読み飛ばすことができます 表示

目次へ

修正内容について

長期金利の許容変動幅を従来のプラスマイナス0.25%程度から同0.5%程度に拡大。

住宅ローンへの影響

調達金利が上がることで、金融機関は住宅ローンの固定金利を今後引き上げる可能性大。

元の記事住宅ローンの負担増懸念 日銀政策修正で金利上昇も物価高は抑制|Yahoo!ニュース