【茨城県水戸市】事故物件・訳あり物件はスミカが買い取ります!業者依頼の方がメリットが多い理由

事故物件や訳あり物件など扱いが難しい不動産は、不動産会社に相談して買い取ってもらうのがおすすめです。

売れるかどうか分からない物件を所有し続けるより、業者に買取依頼をした方が断然メリットが大きいです。

また、業者は不動産に精通するプロで直接交渉できますから、買い手が現れるのを待つ受動的な方法とは異なり、能動的に売却に取り組むことができます。

今回は「事故物件」「訳あり物件」の買取メリットを紹介していきます。

事故物件・訳あり物件を業者に買い取ってもらうメリット

不動産会社による買い取りは、事故物件や訳あり物件といったいわゆる難のある物件であっても、売却相手が見つかり手放せるメリットがあることを意味します。

メリットは他にも、仲介と違って手数料が不要でその分の利益が増えたり、比較的早い段階で物件を現金に変えられることが挙げられます。

前者の仲介手数料不要による利益の増加は、ケースバイケースですが、少なくとも仲介で手数料が取られるより満足感が高まりやすいのは確かです。

また、仲介のような広告掲載は行わないので、近所に物件の売却を知られる心配がないです。

周囲に知られずに売却を済ませたい、あるいは価格を教えたくないといった場合に、不動産会社の買い取りが有力候補となるでしょう。

広告の必要がなければ、広告を制作するコストや掲載までの期間も必要がないわけです。

その結果、売却のスピードが上がりますし、早く事故物件や訳あり物件を手放すことも可能です。

必然的に内覧も必要なくなりますから、購入希望者に対応する手間が省けますし、物件に関する説明を求められて困ることもなくなるでしょう。

手間の掛かる仲介と比べて、売却価格が安くなる傾向があるのは否めませんが、元々買い手がつきにくい物件が売れることを考えればそれほど悪い条件ではありません。

むしろ、現金化できるメリットがあるため、多少価格が低下しても十分に許容できると思われます。

流石に再販のハードルが上がる一戸建ては買い取りに時間が掛かりますが、それでも期間の目安は1年、早ければもう少し短期間で買い取りが完了します。

事故物件・訳あり物件を自分で売却するデメリット

事故物件や訳あり物件を自分で対処するとなると、買い手を探す必要が出てきたり、その準備もしなくてはいけないなど大変です。

不動産会社に依頼する方法の1つに「仲介」がありますが、仲介でも事故や訳あり物件の買い手を探すのは難しいでしょう。

もちろん、不動産会社もよほど売却が難しい物件でなければ仲介を引き受けます。

しかし、オーナー様が自分で対処するということは、手間や労力など多くのデメリットが挙げられるでしょう。

上手くいけば買い手が見つかり物件を手放せますが、希望する価格で売却できるかどうかは未知数です。

そもそも仲介は手数料を前提とした物件の売却方法ですから、普通の物件が高く売れたとしても手数料分が差し引かれるので、手放しで喜べる結果になるとは限らないです。

その点、自分で対処する場合は仲介手数料を気にせずに済みますが、広告を掲載したり購入希望者が現れるまで待つ必要が出てきます。

当然ながら近所を含めて事故物件や訳あり物件が知られてしまいますし、購入希望者からの問い合わせがあれば内覧の対応をすることになります。

自力で事故物件、訳あり物件を売ろうとしても売れる保証はなく、買い手が見つかっても契約や手続きやらで時間が掛かってしまうことも十分にあり得ます。

苦労に見合う結果が得られる可能性は低く、売れたとしても希望の金額になる保証はありませんし、長期的な売却になる可能性もありえます。

茨城県水戸市の不動産会社スミカでは「事故物件」「訳あり物件」を積極的に買取中!

不動産会社への買取依頼は、実は理に適っていて現実的な選択肢だと分かります。

買い取りを任せるかどうかは相談してからでも遅くありませんし、自分で全てやろうとするよりは物件が売れる可能性が高まります。

自殺、殺人、ごみ屋敷、孤独死、立ち退きなどの事故物件をお持ちのオーナー様は、お気軽に弊社スミカまでご相談ください。

シェアお願いします!