無料相談はコチラ
賢く節約・理想の賃貸生活GET!

日高市で激安物件を見つけるための【超簡単な】方法を5つ紹介します

日高市で賃貸物件を探していると、「もっと安い物件があれば…」と感じることはありませんか?

特に、初めての一人暮らしや、予算を抑えたい学生、新生活を始める方にとって、家賃は大きな負担です。

しかし、賃貸物件探しは情報が多すぎて、どこから始めて良いのか分からないことも多いでしょう。

「高い家賃を払わなくても、快適に住める場所は日高市にないの?」と不安になることもあるかと思います。

そんな皆さんの悩みを解決するために、今回の記事では、誰も知らない激安賃貸物件を見つけるための5つの方法を詳しく解説します。

この記事を読めば、日高市での賃貸物件探しのコツや注意点を理解し、理想の物件に出会う確率がぐっと高まります。

ぜひ、最後までご覧ください。

結論はコレ!

  • 繁忙期を避ける!
  • 立地にこだわらない!
  • 築年数の古い家を狙う!
  • 特殊な間取りを狙う!
  • 非公開物件を探す!

日高市 激安賃貸物件を見つけるための基本知識

日高市 激安賃貸物件とは?

激安賃貸物件とは、一般的な相場よりも低い家賃で提供されている賃貸物件のことを指します。

例えば、同じエリア内で平均的な家賃が8万円の場合、6万円以下で借りられる物件が激安賃貸物件と言えるでしょう。

こうした物件は、コストパフォーマンスが非常に高いため、日高市に住んでいる人にとっても魅力的な選択肢となります。

特に、初めて一人暮らしをする人や、予算を抑えたい学生、転職や引っ越しを頻繁にする人にとっては、激安賃貸物件は理想的です。

日高市 激安賃貸物件を探す際の注意点

日高市で激安賃貸物件を探す際には、いくつかのことに注意してください。

まず、安さだけに囚われず、物件の品質や安全性を重視することが大切です。

築年数が古い物件や、立地が不便な物件は確かに家賃が安いですが、その分、住み心地や生活の利便性が損なわれることがあります。

また、物件の内見時には、しっかりと設備や周辺環境を確認することが重要です。

特に、水回りの設備やセキュリティ面はしっかりとチェックしましょう。

さらに、契約前には契約内容を詳細に確認し、疑問点があればすぐに不動産業者に問い合わせることをおすすめします。

日高市 即実践できる!激安賃貸物件を見つけるための5つの方法

日高市 方法1:繁忙期を避けて安い賃貸物件を探す

なぜ閑散期が安い賃貸物件の狙い目なのか?

賃貸物件の家賃は需要と供給のバランスによって変動します。

繁忙期、特に3月から4月は新生活を始める人が多く、需要が高まります。

そのため、日高市内の賃貸物件でも同様に、家賃が高く設定されることが一般的です。

一方で、10月から12月の閑散期は、引っ越しする人が少なく、需要が低下します。

この時期には、空室を早く埋めたい不動産業者が家賃を値下げすることが多いため、より安い物件を見つけるチャンスがあります。

閑散期の具体的なタイミングとその活用法

閑散期の具体的なタイミングは、主に10月から12月ですが、1月や2月も比較的物件の動きが少ない時期です。

この期間に物件を探すことで、家賃交渉がしやすくなります。

例えば、家賃の他にも、敷金や礼金の減額交渉も可能です。

また、引っ越し業者も閑散期には料金を下げることが多いため、引っ越しコストも抑えることができます。

具体的な行動としては、早めに物件情報を収集し、気になる物件が見つかったらすぐに内見を予約することが重要です。

内見時には、物件の状態だけでなく、近隣の環境や交通の便などもチェックし、自分の生活スタイルに合っているかを確認しましょう。

都道府県内移動者数
1月174,495人
2月200,420人
3月416,322人
4月303,835人
5月217,936人
6月202,493人
7月197,416人
8月205,530人
9月187,600人
10月210,621人
11月200,369人
12月201,573人
出典:総務省統計局「2023年度 住民基本台帳人口移動報告」

日高市 方法2:立地にこだわらない安い賃貸物件探し

駅から遠い安い賃貸物件のメリット

駅から遠い物件は、一般的に家賃が安く設定されています。

徒歩10分以内の物件が人気ですが、徒歩15分以上になると家賃が下がる傾向にあります。

また、各駅停車しか停まらない駅周辺の物件も、家賃が低くなることが多いです。

駅から遠い物件のメリットは、静かな環境で生活できることや、広めの物件を選びやすい点があります。

例えば、ファミリー向けの広い間取りの物件を探している場合、駅から少し離れることで、同じ予算でより広い物件が見つかる可能性があります。

参考までに、下記は首都圏にある戸建住宅の交通別土地価格です。賃貸とは金額は異なりますが、駅からの距離で建物の価格が大幅に変わっていることが分かります。

駅徒歩10分以内の価格駅徒歩11~20分以内の価格駅徒歩21分以上の価格
2009年3,877万円3,106万円2,278万円
2010年3,852万円3,169万円2,313万円
2011年3,850万円3,080万円2,327万円
2012年3,812万円3,053万円2,160万円
2013年3,889万円3,044万円2,205万円
2014年3,927万円3,090万円2,137万円
2015年4,002万円3,120万円2,175万円
2016年4,144万円3,223万円2,167万円
2017年4,154万円3,280万円2,254万円
2018年4,190万円3,265万円2,270万円
2019年4,209万円3,258万円2,231万円
2020年4,333万円3,350万円2,341万円
2021年4,602万円3,632万円2,512万円
出典:REINS TOWER「表22 戸建住宅(全体)の駅からの交通別成約状況[首都圏]」

人気エリア外の隠れた安い賃貸物件を探す方法

日高市の人気エリアを少し外れた場所でも、生活に便利な物件を見つけることができます。

例えば、東京23区内であれば、葛飾区、足立区、練馬区などが比較的家賃が安いエリアとして知られています。

これらのエリアは、中心地からは離れていますが、公共交通機関が発達しているため、通勤や通学に不便を感じることは少ないです。

さらに、近隣に商業施設や公園が多いことも魅力です。

物件を探す際には、事前に日高市内の治安や利便性を調べ、実際に現地を訪れて周辺環境を確認することをおすすめします。

市区町村レベルで分かる!

日高市 方法3:築年数の古い安い賃貸物件を選ぶ

築年数が古い安い賃貸物件の魅力

築年数が古い物件は、新築や築浅物件に比べて家賃が低く設定されていることが多いです。

古い物件は、外観や内装が少し古めかしい場合がありますが、その分家賃が抑えられるため、予算を節約したい人には魅力的です。

また、古い物件でもリノベーションされている場合があり、内部は新築同様に綺麗な状態で提供されていることもあります。

このようなリノベーション物件は、比較的安価でありながら、快適な生活を送ることができるため、非常に人気があります。

before画像 after画像

出典元https://eims.co.jp/vacancy-control-measures/木造アパートリノベアイデア

設備と内装のチェックポイント

築年数の古い物件を選ぶ際には、いくつかのチェックポイントがあります。

まず、水回りの設備をしっかり確認しましょう。

古い物件では、配管や給湯器が劣化していることがあるため、水漏れやトラブルが発生する可能性があります。

次に、内装の状態を確認します。壁や床にひび割れやシミがないか、ドアや窓がきちんと閉まるかなどをチェックしてください。

また、セキュリティ面も重要です。

古い物件は、セキュリティが不十分なことがあるため、オートロックや防犯カメラの有無を確認し、自分で補強する必要があるかどうかを判断しましょう。

さらに、周辺環境もチェックポイントです。

騒音や近隣の治安、日当たりなども生活の質に影響を与えるため、内見時には周囲の環境もしっかりと確認することが重要です。

日高市 方法4:特殊な間取りや1階の安い賃貸物件を狙う

間取りの工夫で安い賃貸物件に住む方法

特殊な間取りの物件は、一般的な間取りよりも家賃が安く設定されていることがあります。

例えば、1ルームやロフト付きの物件、メゾネットタイプの物件などは、通常の1LDKや2LDKよりも安価です。

また、お風呂とトイレが一緒になっているユニットバスタイプの物件も、家賃が安くなる傾向があります。

こうした特殊な間取りの物件は、ライフスタイルに合うかどうかを事前にしっかりと考え、自分にとって無理のない範囲で選ぶことが重要です。

1階の安い賃貸物件の活用法

1階の物件は、一般的に家賃が安く設定されていることが多いです。

これは、プライバシーの確保が難しいことや、セキュリティ面での不安があるためです。

しかし、1階物件にも多くのメリットがあります。

例えば、階段の上り下りが不要であるため、高齢者や小さなお子様がいる家庭には非常に便利です。

また、庭やテラスが付いている物件も多く、ガーデニングやアウトドアを楽しむことができます。

1階物件を選ぶ際には、防犯対策をしっかり行うことが重要です。

例えば、窓に防犯フィルムを貼ったり、玄関ドアに追加のロックを取り付けたりすることで、安心して生活することができます。

さらに、1階物件は家賃が安い分、インテリアや家具に予算を回すことができ、快適な住環境を整えることができます。

日高市 方法5:未公開物件や限定公開物件を狙う

未公開物件や限定公開物件とは?

未公開物件とは、不動産業者がインターネット上に公開していない物件のことを指します。
これらの物件は、一般には公開されず、特定の顧客や会員にのみ紹介されることが多いです。
限定公開物件も同様に、限られた範囲でのみ紹介される物件です。

物件が非公開になる主な理由

  • プライバシー保護
    売主が自分の物件が市場に出ていることを知られたくない場合、非公開にすることがあります。これは、隣人や知り合い、特定の関係者に売却意図を知られたくないという理由からです。
  • 希少性と需要の喚起
    限定公開にすることで、物件の希少価値を高め、興味を持つバイヤーに対して競争心を煽ることができます。これにより、物件の魅力を引き立てることができます。
  • マーケット戦略
    不動産業者が市場に出す前に、既存の顧客リストや特定のバイヤーに物件を先行して紹介することで、効率的な取引を目指すことがあります。これにより、成約の確率を高めることができます。
  • 条件付き販売
    特定の条件を満たす買主にのみ物件を売却したい場合があります。例えば、早急に売却を望む場合や、特定の購入条件(資金力や購入目的など)を満たす買主を優先する場合です。
  • 市場の動向を見極める
    市場の状況を慎重に見極めたい売主が、限定的に物件を公開し、反応を見て価格や販売戦略を調整することがあります。これにより、適正な価格設定や効果的な販売方法を見つけることができます。
  • 取引の迅速化
    非公開や限定公開にすることで、興味のあるバイヤーとの直接交渉がしやすくなり、取引がスムーズに進むことがあります。

未公開物件や限定公開物件を見つける方法

未公開物件や限定公開物件を見つけるためには、日高市の地元不動産業者と良好な関係を築くことが重要です。
定期的に不動産業者を訪問し、自分の希望条件を詳しく伝えることで、優先的に情報を提供してもらえる可能性が高まります。

また、不動産業者の会員制サービスに登録することで、限定公開物件の情報を得ることができる場合もあります。
メールマガジンや会員専用サイトを活用し、最新の物件情報をチェックしましょう。

さらに、不動産フェアや展示会に参加することも有効です。
これらのイベントでは、業者が新しい物件を紹介することが多く、未公開物件に出会うチャンスがあります。
直接担当者と話をすることで、詳しい情報を得ることができます。

未公開物件や限定公開物件は、競争が少ないため、家賃交渉や条件交渉がしやすいというメリットもあります。
積極的に情報収集し、理想の物件を見つける努力を惜しまないことが成功の鍵です。

日高市 激安賃貸物件を見つけるための最終チェックリスト

下記は物件探しの最終チェックリストです。

このリストを活用することで、見落としを防ぎ、満足度の高い物件を見つけることができます。

チェックリスト
  • 予算の確認
    • 家賃、敷金、礼金、仲介手数料、引っ越し費用など、総予算を確認します。
  • 物件の立地
    • 通勤・通学の利便性、周辺環境(スーパー、病院、公園など)、治安をチェックします。
  • 物件の状態
    • 築年数、リフォームの有無、水回りの状態、収納スペースを確認します。
  • セキュリティ
    • オートロック、防犯カメラ、インターホンの有無を確認します。
  • 契約内容
    • 契約期間、更新料、解約時の条件、ペットの可否を確認します。
  • 追加費用
    • 駐車場代、共益費、光熱費の見積もりを確認します。
  • その他の設備
    • インターネット接続の可否、エアコン、ガスコンロなど、必要な設備の有無を確認します。

日高市 理想の激安賃貸物件を見つけよう

日高市で激安賃貸物件を探す過程で、皆さんが感じる不安や悩みは非常によくわかります。

「本当に安くて良い物件は見つかるのか?」と疑問に思ったり、「どの情報を信じればいいのか?」と迷うことも多いでしょう。

しかし、この記事で紹介した5つの方法を実践することで、その不安や悩みを解消し、理想の物件に近づくことができます。

賃貸物件探しは決して簡単ではありませんが、適切な情報と戦略を持って行動すれば、必ず結果が出ます。

ぜひ、今回の情報を元に日高市で物件探しを進めてみてください。

そして、理想の物件が見つかったら、新しい生活を楽しみましょう。

皆さんの物件探しが成功することを心より応援しています。