任意売却と一般売却の違いを簡単解説

任意売却と普通の売却では何が違うのでしょうか?そもそも売却方法は選ぶことができるのでしょうか?

気になる疑問にお答えします。

家を売るなら「任意売却」か「一般売却」

家(不動産)を売る場合、その選択肢は「任意売却」と「一般売却」の2種類あります。しかし、厳密には選択できるわけではなく、住宅ローンの支払状況によって左右されます。どちらか1つ選べるのではなく、自身の状況によって自ずと決まってしまうのです。

そもそも、住宅ローンを組んでいる場合は、あなたの持ち家だろうと売ることはできません。売る権利がないのです。

債権者はあなたにお金を貸す代わりに、あなたの家を売る権利を担保として所有しています。ローンの返済が滞ったとき、最終手段として家を競売にかけるためです。ローンを完済すれば、債権者が家を売る権利は消滅します。

以上のことから、自分で家を売るためにはローンの完済が必須であることが分かりましたね。これが一般売却という手続きです。

では、なぜ売却方法がもう1つあるのでしょうか?

実は、家を売る権利が自身になくとも、家を売ることができるのです。それが任意売却であり、上述の「住宅ローンの支払状況によって左右される」に関係してきます。

任意売却と一般売却は具体的に何が違う?

任意売却も一般売却も、家を売る手続きには何ら変わりはありません。その違いはローンを完済して自由に売るか(一般売却)、債権者と交渉しながらローンを返済しつつ売るか(任意売却)です。

【ローン完済!持ち家をどう売ろうが所有者の自由!】…これが一般売却の考え方です。
【ローンが払えず、持ち家が競売にかけられてしまう…。少しでも条件良く売りたい。】…これが任意売却の考え方です。

 

任意売却

債権者の許可のもと、最終手段として家を売却する方法。住宅ローンの滞納が続き、支払いが困難であると債権者が判断しなければ認められない。債務者には任意売却を行う権利はあるが、売却手続きにおいては債権者にすべての決定権がある。また、売却後にローンの残債がある場合は引き続き支払う義務がある。
※住宅ローンの滞納が続いた時点で信用情報機関に掲載されます(いわゆるブラックリストと呼ばれるものです)
※任意売却を行わなかった場合は、自動的に競売にかけられます

 

一般売却

住宅ローンを組んでいない者、ローンが完済している者、ローンは返済途中だが売却によって一括返済が可能な者が行える売却方法。ローンがないため、家を自由に売る権利がある。売買契約の内容や価格、引き渡し時期等、すべての決定権を持つ。

あなたはどちらの売却方法?

住宅ローンを支払えているのであれば、選択肢は一般売却のみです。ローンが支払えていないだけではなく、滞納が続いているのであれば、選択肢は任意売却か競売のいずれかです。

ローンの支払いが滞っていなければ任意売却はできませんし、ローンの支払いが滞っているのに一般売却は不可能です。

ご自身の返済状況を今一度ご確認ください。

任意売却と自己破産に関するご相談ならスミカにお任せ!

シェアお願いします!